\クソオブザイヤー2020開催/

【傾聴力の鍛え方】あなたを怒っている理由を知る方法とは?

【傾聴力の鍛え方】あなたを怒っている理由を知る方法とは?人間関係
この記事は約10分で読めます。

どうもクソオブザイヤーをのんびり書いている管理人(@kusooftheyear20)です

にほんブログ村 にほんブログ村へ
わいに力を!ランキング1位を目指してます
人気ブログランキングへ

なんか怒っている。意味わからない。
ホントあの人は短気何じゃないかな?と思ったことはありませんか?

もし今よりも成長したいのであれば傾聴力を鍛えてみてはいかがでしょうか?

自分の行動を見返してみる

相手との関係で自分の行動を客観的に評価するのは難しいかもしれませんが、人間関係をよくするためには原因を発見しなければいけません。

まず重要なのは自分に非があるかどうか?

相手の立場になって怒った時のシチュエーションについて分析してみましょう。

  1. 最近の行動を分析
  2. 最近の言動を分析

些細なことでも構いません。普段と違う何かを見つけてみましょう。

管理人
管理人

もし何も見つからない場合は、マインドフルネスを実践して、自分自身に対する意識と注意力を高めましょう。

最近の行動を思い出す

怒りは感情の連鎖反応を引き起こす大きな要因となっています。できる限り早い段階で、その人の周りで何をしたのか詳しく思い出してみましょう。

もし原因がわかればそれに対して謝るだけ。
例えばよく有るのがコチラです。

よくある原因
  • 記念日を忘れた
  • ライン既読無視をした
  • 重要な電話を出なかった

上記は例の一部ですが、このたった3つの事でも経験した事はないでしょうか?

自分の行為を見返してみることが大切です。

管理人
管理人

ポイントは怒ったとみられる前後の会話を見返すこと。内容はなにか?なぜいきなりこのようになったのかのヒントが隠されているはずです。

最近の会話を思い出す

最近、否定的な反応をしませんでしたか?
いつもなら流せるはずの冗談も彼/彼女の状況次第で笑えない冗談に変わる場合があります。

なんで怒ってるんだろう…と思った事がある方は、最後に話した会話を思い出してみましょう。

怒った原因を追求する方法とは?

怒りの行動表現には、言葉によるものから身体的なもの、さらには意図的な攻撃までさまざまなものまであります。(ようは”怒り”は何種類もあるということ)

突然、わざと”ある”話題を切り出すときは要注意。怒った原因のヒントを言うこと(行動すること)があるので、その“小さな変化”を見つけてみましょう

会話の内容を思い返す

怒りは言葉の語尾が強くなるというだけでなく、表現そのものに表れます。
人は怒ったときに、自己愛性人格障害の属性 (権利、自信過剰、ごまかし、共感の欠如など) を一時的に示すと言われています。

これらの症状が何であるかを考えることによって、その怒りの原因を突き止めることが出来ます。

言葉の変化を注視してみる

怒鳴ったり、言い合ったり、罵ったり、皮肉を言ったり……
このような言葉の変化は、原因を突き止めるヒントになることがあります。ぜひ注意深く聞いてみましょう。

表情の変化を注視してみる

拳を上げたり、物を投げたり、割ったり、物を叩いたり蹴ったり……
このような行動の変化は、感情の高揚を引き起こすと思われる原因を突き止めるヒントになります。
行動の変化が見られたときはその前後の言葉を注意深く聞いてみましょう。

怒った相手への対応方法とは?

怒った人を相手にするということは至難の業。出来れば相手にしない方がいいでしょう。

しかし、同僚や交際相手など喧嘩を避けれない場合もありますよね?そんな時こそこの傾聴力を発揮しましょう。

相手を理解する

まず重要な点は、相手が怒っていることを理解すること。
そして、『一緒に問題を解決したい』とコトバで伝えることです。

これは、敵対心はないということを相手に知らせることができるのでオススメ。(少し恥ずかしいかもしれませんが)

ほとんどの場合、相手がわかった”つもり”でいます。これを期待している状態といい、この期待を裏切ることによって怒ってしまいます。

なので、相手がわかってるはずだ!と思っていても確認のためにコトバで伝えてみましょう。

言動・行動・表情は気をつけて

声を荒げたり、皮肉を使ったり、相手の間違いだということは絶対にしないようにしましょう。

管理人
管理人

これらの行動は状況を悪化させるだけですからね

また、表情にも注意することを忘れないでください。
しかめ面をしたり、眉間にシワを寄せたりする行為は相手に不快感を与えかねます。

相手の言っていたことを頭の中で復唱

先程も伝えましたが、理解したつもりが一番問題に発展します。なので、この問題を事前に防ぐことが大切になります。

では、どうすればいいのでしょうか?

相手の言っていることを頭の中でもう一度言ってみましょう。

管理人
管理人

このとき、相手の立場になって話してみると尚いいです。

あなたが彼の”伝えたいこと”を正しく理解すると、きっとあなたの言動も変わっているはず…!?

模範的な行動

心理学の研究によると、何をすべきかを”答え”を言われたり、アドバイスを与えられたりすると、多くの人は否定的な反応を示しといわれています。

しかし、第三者の意見を取り入れることは、自分の考えよりもいい結果をもたらす可能性が高いということがわかっています。

例えば、相手が失礼なことを言ったら、何度か深呼吸をしてから返事を遅らせてみましょう。
副交感神経を活性化させて気持ちを落ち着かせ、より穏やかな気持ちで対応できるようになるからです。

要するに、深呼吸によって怒らなくなるということ。

たった数回の深呼吸で人間関係が良くなるので是非やって見て下さい。

管理人
管理人

もちろん、一言『できるだけ喧嘩はしたくないからちょっと待って。』と伝えれば相手はこの意味を理解するでしょう。

怒った時の正しい伝え方とは?

もし自分が怒った場合はどうすればいいのか?相手が怒っている立場から自分が怒ってしまったときになった時にどうすればいいかまとめてみました。

お互いのバランスを考える

相手を100%優先する必要は有りません。(もちろん自分を100%押し付けることもよくありませんが)

受動性と攻撃性のバランスを見つけなければいけません。

簡単にいうと、相手の伝えたい内容や感情を理解した上で、自分の感情や必要性を主張するだけ。これにより、自分も我慢することによるストレスや不満、いきどおりを避けることができます。

お互いのバランスを考えれるようになれれば相手を理解できるようになります。

共通点を伝える

意見のすれ違いを経験した事はありませんか?

『絶対こうだよ!それは違うって!』といってお互いの意見がぶつかり合って気分が悪くなるということ…

これは共通点をみつけることによって改善できます。
なぜなら、人間は共通点をみつけると同じ方向を観ることができるため、話が聞きやすいからです。

管理人
管理人

まずは共感をすれば相手も聞く体制になるっていうこと。

個人的な感情を含んだ話を伝えるよりも、お互いがそうだと感じることを話すと相手は聞く体制になってくれるはずでしょう。

ボディランゲージで感情を強調する

姿勢、アイコンタクト、安定した声のトーン、身振り手振りなど言葉以外のアクションは相手へ自分の感情を伝えるツールになるでしょう。

ただし、あなたの欲求を押しつけることはしてはいけません。

YES BUT法を使う

それでも相手が否定してきた場合は、心理テクニックの一つ【YES BUT法】を使うと状況は改善できるはず。
これは相手のことを受け入れながらも自分の意見を伝える心理テクニックの一つ。

例えばいきなり否定されるのとアナタの意見を聞き入れた後に否定されるのは全然感じ方は違いますよね?

いや、そうじゃなくて…私が言っているのはこうなんですよ!

アナタが言っていることはこういうことですよね。わかります…
でも、私が考えていることはこうなんです。

管理人
管理人

差は歴然ですよね!?

よくある質問【Q&A】

いきなり無視する友人がいます。これをどうすればいいのですか?

もし可能であれば”なぜ無視をするのか”相手に聞いてみましょう。
例えばそのときは『ごめん…なんか私してしまったかな?もししてたなら自分が悪いはずだから誤りたい。仲直りしたいんだけど教えてくれる?』と伝えてみましょう。

相手は忙しいだけかもしれませんが、本当に無視されている場合はこの状態を改善する以外原因を追求する事ができません。
コミュニケーションを取ろうとしてもうまくいかない場合は、友人として続けていいかどうかを考え直してみましょう。

彼氏(彼女)が愛想を尽かしてしまいまいました。どうすればいいでしょうか?

まず、彼氏(彼女)に話してかけてみましょう。何が原因でなぜそうなったのか、原因を話すことができればそれを改善することに目を向けてみましょう。

私の悪口を他の人が言っていた場合、どうすればいいですか。

世代や環境にもよりますが、聞き逃すのが一番いいでしょう。変に気にしてしまい、周りの目線や周りの言葉を疑うようになると、今いる友人を疑うようになってしまう可能性があります。
悪口は嫉妬の一部だと考えるようにしましょう。

みんなの掲示板 必ず返信します

タイトルとURLをコピーしました